北九州ラーメン道中記@麺の細道

アクセスカウンタ

zoom RSS 明千 ※移転

<<   作成日時 : 2009/09/01 03:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



紺屋町は歓楽街、『来々軒(紺屋町店)』、『子路屋』と同じ並びにあります。

●2009.8.9
平成21年5月を持ちまして閉店し南区富士見へと移転しました。
移転先の富士見なのですが営業期間が短かった『豚々拍子』・『なるみ』・『響屋』と同じ箱です。
同地にて定着する事ができるでしょうか!




●2007.4.20
店内は一見するとラーメン店って言うより居酒屋風な造りです。
カウンター席×8、テーブル×1と2階もあります。
営業時間からして午前はランチタイム時のみラーメン&定食を出して夜は居酒屋の2部構成なのでしょうか?


薬味は紅生姜、胡椒、ゴマ、擦りニンニク、辛子高菜が置いてあります。
デフォルトを注文。
具は葱、キクラゲ、ゆで玉子、チャーシュー×3
スープは飲みやすくコッテリと言うよりあっさり系かなと感じました。
チャーシューは少しショボイ感は否めません。
特製辛子味噌を少し入れるとスープがマイルドになってまた違った味を楽しめます。


                                ラーメン
画像




・メニュー
ラーメン・・・・・・・400円
キムチラーメン・・・・500円
チャーシュー麺・・・550円
担々麺・・・・・550円
チャンポン・・・・・550円

大盛り・・・100円
特盛り・・・200円
味噌味・・・・50円

麺類+200円
ミニチャーハンまたは、餃子



歓楽街のド真ん中でこの値段設定はかなりリーズナブルです。
麺類の他にも定食類も充実していて値段もリーズナブルで目移りしそうになりました。
昼の紺屋町の穴場的お店と感じました。





『ラーメン処 明千(メイセン)』
北九州市小倉北区紺屋町3-5
093-533-0880
営業時間 11:30〜13:30 深夜1:00〜8:00
定休日 土日・祝日
駐車場無し
★★★
78杯目
関連レポート
  • 明千





  • 小倉北区ラーメン店インデックス

  • ラーメン店閉店・移転・休業リスト




  • 北京遷都の研究?近世中国の首都移転 (汲古叢書)
    汲古書院
    新宮 学

    ユーザレビュー:

    amazon.co.jpで買う
    Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    明千 ※移転 北九州ラーメン道中記@麺の細道/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる